夏までにスリムになりたいけど、もう時間が無いというときや、二の腕や太ももなど痩せにくい部分を細くしたいときなど、自己流ダイエットが難しい場合に頼りたいのがエステサロンの痩身コースです。

最近ではほとんどのエステサロンで体験エステを実施しており、通常より低価格で痩身コースの一部を受けることができます。気軽に受けられるのが魅力の体験エステですが、実際に行ってみると、高額な契約を強引に勧められそうで怖いと思っている人もいるかもしれません。

そこで体験エステではどの程度勧誘があるのか、調べてみました。

体験エステには勧誘が付きもの

近年では、クーリングオフなどの契約解除に関する法律が整備され、以前よりもエステサロンで無理やり高額な契約をさせるということが減ってきました。また、SNSなどでサロンの評判がすぐに広がってしまうため、サロン側もあまり激しい勧誘は行わないようです。

しかし、体験エステでは低価格でエステが受けられるだけではなく、必ずカウンセリングがあります。このカウンセリング時に「提案」という形で、エステサロンで通常行っているコースの紹介をされることが多いのですが、その際に強引に勧誘された印象を持つか、有用なアドバイスを得られたように感じるかは、人それぞれでしょう。

体験エステを受ける際の注意点

なりたいスタイルや予算を予め決めておく

ほとんどのエステサロンで体験エステを設けていますが、Webサイトや広告を見ると、「体験コースの際に、ご要望にそったご提案やお得なプランのご案内をいたします」といったような記載があり、何かしらの形で勧誘を受けることは明らかです。最近では以前のように、エステティシャン数人に囲まれて契約するまで帰れないというようなことはほとんどありませんが、セールストークに乗せられて、必要のないコースまで契約してしまわないよう注意しましょう。

このようなミスを防ぐには、たとえ体験エステであっても、エステにかけられる予算やケアしたい部分を明確に決め、きちんと受け答えの準備をしてから出かけましょう。

体験エステ自体を楽しむ

体験エステの強引な勧誘は気になるところですが、せっかくエステに行くのですから、体験エステの施術自体は楽しんでしまいましょう。そもそも体験エステとは、エステサロンの雰囲気を感じたり、これから受けたい痩身コースの内容を実際に試すことのできる機会です。

エステの痩身コースであっても1回の施術ですぐにサイズダウンすることは難しいのですが、体のだるさが解消されたり、リラックスできたりと、自己流マッサージでは得られない効果が感じられるでしょう。

まとめ

近年では、クーリングオフなどの契約解除に関する法律が整備されたり、ネットの口コミですぐに評判が広がってしまうため、エステサロンの勧誘は以前ほど強引ではなくなったようです。

しかし、ほとんどの体験エステでは、施術の際のカウンセリングで、痩身コースの提案や案内という名目でなにかしらの勧誘を受けるでしょう。不要な契約をしてしまわないためにも、エステサロンに行く前に予算やケアしたい部分などの目的をはっきりさせてから、体験エステを受けるようにしましょう。