結婚式は一生に一度のビッグイベント。招待客みんなの注目を浴びる花嫁は、結婚式の主役とも言われます。特に最近では肩やデコルテが開いたドレスが主流ですから、スリムで引き締まった二の腕だと、ドレス姿も美しく見えますね。

そうは言っても、二の腕の引き締めは自己流エクササイズではなかなか効果が出ず、逆に太くなってしまうなどのトラブルも起こりがちです。そこでプロの手による二の腕エステの効果について調べてみました。

ドレスの着こなしポイントは二の腕・胸元

ドレスと言えば王道のプリンセスラインや、女性らしい美しいシルエットのマーメイドラインなど、形だけでもウェディングドレスには様々なデザインがありますが、ドレスそのものの形としては、上半身がフィットし、下半身が広がるスタイルのものがほとんどです。

このようなドレスを着用したときに、視線が集まるのが、上半身では二の腕や胸元、下半身ではウエストやヒップラインのボリュームです。また、上半身のデザインで人気の高いビスチェタイプは、肩ひもが無く、両肩が露出するデザインで、上半身がすっきり見える反面、二の腕の太さや脇からはみ出たお肉が目立つなどの悩みもよく耳にします。

ボディケアは早目のスタートが肝心

式場とエステサロンが提携してブライダルエステを紹介しているように、最近では一般に浸透しつつあるブライダルエステですが、シェービングやスキンケアと違って、ダイエットのためのボディケアは時間がかかりますから、ブライダルエステで痩せたいと考えている人は、早目に通い始めましょう。

特にドレスを着ると視線が集まる二の腕は、脂肪だけでなく筋肉太りやたるみ、セルライトなど様々な要因を解決しなければ痩せるのが難しい部分です。
自己流エクササイズでは筋肉だけが発達して脂肪はそのままになり、逆に太くなってしまう危険もありますから、エステサロンでプロに相談するのがおすすめです。

エステサロンの二の腕痩せでは、落としにくいセルライトを分解したり、筋肉に入り込んだ脂肪を老廃物として排出するマッサージなど、自己流ダイエットではできない方法で二の腕痩せにアプローチします。

まとめ

ウェディングドレスには様々なタイプがありますが、肩や腕を露出するデザインがほとんどですから、どうしても二の腕に視線が集まってしまいます。ドレス姿を美しく見せるには、スリムな二の腕が理想ですが、自己流ダイエットが難しい部分ですからブライダルエステに通うのもおすすめです。

挙式の日に最高の状態を迎えられるように、早目にボディケアをはじめましょう。