二の腕痩せというと、ダンベルを用いたハードなトレーニングや、エステサロンで搾り出すようなマッサージを受けるしかないように見えますが、ストレッチをするだけでも、二の腕をすっきりさせることができます。

二の腕のたるみや太さが気になるけど、どうしてよいか分からない人は、まず以下で紹介するようなストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。

二の腕にストレッチが必要な理由

二の腕が痩せにくい理由の一つとして、二の腕部分に老廃物が溜まりやすいという点が挙げられます。二の腕の後ろ側にある上腕三頭筋という筋肉は、力こぶで知られる上腕二頭筋と対になる筋肉ですが、日常生活では使う機会の少ない筋肉です。

ところで老廃物の排出に関わるリンパ管は筋肉の動きによって制御されているのですが、動かす機会の少ない筋肉周辺では、リンパの流れが滞って、老廃物がたまりがちになってしまいます。

このため二の腕の下側は老廃物が溜まりやすく、むくんだり老廃物が血行を遮って脂肪が消費されにくくなり、脂肪太りになってしまいます。

ストレッチはダンベル運動のように直接的に筋肉を鍛える運動ではありませんが、リンパの流れや血行を促進する働きがあります。

このため、即効性はありませんが、普段運動不足で体に老廃物が溜まっているように感じる人は、ストレッチを習慣にすることで、すっきりとした二の腕が得られるかもしれません。

自宅でできる簡単ストレッチ

二の腕のストレッチのポイントは、筋肉を伸ばす動きと縮める動きの両方を行うことです。動かしている筋肉を意識するようにしてストレッチを行いましょう。

二の腕のストレッチ①

足を肩幅に開き、片手をまっすぐ上に伸ばします。伸ばした腕を耳の横に当て、肘を曲げないようにして体を横に倒していきます。

反対側の手は、足先に向けて伸ばします。耳の横に当てた手が地面と平行になるところまで伸ばし、10秒間キープします。同様に反対側の手も行います。

二の腕のストレッチ②

小さく前習えをするように両手の肘を曲げ、ワキをしめて腕を体の横につけます。そのまま背中を曲げないように軽く前傾し、曲げた肘を伸ばして腕を後ろに上げます。

上げた腕をなるべく上に引っ張るように上げて下ろす動きを数回繰り返します。

まとめ

二の腕には、普段動かさないためたるみやすい筋肉があり、リンパの流れが滞ってむくみや老廃物が溜まりやすい部分です。

そこで、ストレッチを行うことでリンパの流れが促進されるため、老廃物が解消されて、二の腕がすっきりしたり、血流が活発になって脂肪が燃焼されやすくなるなどの効果が期待できます。ストレッチは特別な道具も必要なく、空いた時間に自宅でできますから、早速実践してみましょう。