食事制限やエクササイズなど、体重を落とすだけのダイエット方法では、二の腕はなかなか痩せられません。そこで、二の腕痩せをサポートする様々なアイテムが販売されています。

中でも二の腕に装着する加圧式サポーターは、ハードなエクササイズを行わなくても、つけているだけで筋肉が引き締められるとして注目を集めています。そこで二の腕引き締めサポーターの特徴や、効果的な使用方法について調べてみました。

二の腕引き締めサポーターの特徴

二の腕を引き締めるサポーターは、補正下着のように伸縮性があり、肌に密着する生地で作られており、たるんだ二の腕の肉をサポーター内に閉じ込めることで、引き締まった二の腕のように見せてくれます。さらに締め付けることによって、筋肉が反発するため、着用するだけで無意識に筋肉が使われる効果があるとも言われています。

価格は両腕がセットになって1,000~3,000円前後のものが多く、メッシュ素材になっていて、密着していても肌が蒸れにくかったり、内側が波状になっていて、シェイプ効果を高めているものなどメーカーによって様々なものがあります。

高額なものだと、腕に巻くだけではなく、インナーシャツのような構造になっており、背筋を伸ばしてワキや背中に流れた二の腕の肉もまとめて引き締める効果があるものもあります。

二の腕引き締めサポーターの使い方

二の腕引き締めサポーターは、着用しているときは二の腕が引き締まって見えますが、はずすと元の状態に戻ります。また、二の腕の筋肉が鍛えられると言われますが、トレーニング効果はわずかなものですから、二の腕の筋肉を鍛えたいならダンベルなどを用いたエクササイズをするときに着用して、エクササイズ効果を補助する目的で使用するのが良いでしょう。

また、低価格のものは締め付け効果が弱く、二の腕からずれてきてしまうことがあるので、通販などで現物を確認できないときは、圧力の大きさや着け心地の口コミなどを確認して購入すると良いでしょう。

まとめ

二の腕引き締めサポーターは、着用するだけで二の腕に圧力をかけ、たるみを引き締め、反発する圧力によって同時に筋肉を鍛えることができるとして注目の二の腕引き締めアイテムです。

ただし、効果は補助的なものですから、トレーニングとして使用する場合は、実際のエクササイズのときに着用して、トレーニング効果をより高める補助的な目的で使用するのが良いでしょう。