食事制限やエクササイズなどの運動をがんばって、体重を落としたのに二の腕は太いままでガッカリ……という女性は多いのではないでしょうか。二の腕が太いと全体的にぽっちゃりした印象になってしまいがちです。

これでは、せっかく頑張ってダイエットしたのに残念ですよね。何故、二の腕は痩せにくいのでしょうか?このページでは、二の腕は痩せにくい理由と二の腕を細くするにはどうすればよいのかを紹介していきます。

二の腕が痩せにくい理由について


二の腕は、体のパーツの中でも痩せにくい部分と言われています。ダイエットして体重を落としたのに、二の腕の太さはダイエット前と変わらないということはよくあるケースです。

二の腕が痩せにくい理由として、二の腕の筋肉が衰えやすいことと、老廃物が溜まってセルライトができやすいことの二点が挙げられます。

上腕三頭筋の衰え

二の腕の後ろ側から側面にかけて上腕三頭筋と呼ばれる筋肉があります。この上腕三頭筋は日常生活で鍛える機会が少ないので、衰えていくことで脂肪が蓄積されやすくなります。

上腕三頭筋は上腕二頭筋と対になって、肘の曲げ伸ばしに関わっている筋肉です。肘を曲げるときに働く上腕二頭筋は、ものを持ち上げるなど日常生活で頻繁に使われることが多いです。よくある定番のダンベル運動は上腕二頭筋を鍛えるものです。

それに対して、肘を伸ばす動きを司る上腕三頭筋が使われるのは、手をついて立ち上がるときなど、日常生活では使う機会の少ない負荷の軽い運動ばかりです。このため、上腕三頭筋は意識して鍛えていないと、すぐに衰えて二の腕のたるみの原因となってしまいます。

老廃物の蓄積

筋肉が衰えていると、リンパの流れが落ちて老廃物が溜まりやすくなってしまいます。リンパは老廃物を回収し排出する働きがありますが、リンパの流れは血液と違って筋肉の動きによって流れが作られています。

老廃物が蓄積しやすいと、血流をさまたげて冷え性やむくみに繋がります。さらに冷え性やむくみが長期間続くと、脂肪が燃焼されにくく痩せにくい体質へと変わっていきます。

それだけでなく、巨大な脂肪の塊であるセルライトができやすくなったりします。セルライトは脂肪組織が老廃物や水分を溜め込んで肥大化したものですが、通常の脂肪と比べて分解・消費されにくいのが特徴です。ですから、多少のダイエット程度をでは落としきることができません。

老廃物が蓄積しやすい体というのは、女性にとっては悪影響を及ぼすことが多いです。

二の腕を細くするには


二の腕が痩せにくいのは、鍛えにくい筋肉があることと、老廃物が溜まりやすいことが原因であることが多いです。そこで二の腕を細くするには、溜まった老廃物を流れやすくして、適度に筋肉を鍛えることがよいです。

リンパの流れを良くするマッサージを行う

老廃物を流れやすくするには、リンパマッサージが有効だと言われています。二の腕から近い部分では、ワキの下にリンパの集まるリンパ節があります。

肘からワキの下にあるリンパ節に向かって円を描きながら、さするようにマッサージすることで溜まった老廃物の排出をサポートすることができます。

軽い筋トレで代謝を上げる

二の腕の筋肉を鍛えると筋肉が発達して余計に腕が太くなるのではないかと思うかもしれませんが、ハードなトレーニングではなく、ペットボトルや軽いダンベルを使った手軽な体操やストレッチでも十分です。

軽い運動でも継続的に行うことで、筋肉量がアップします。筋肉が増えると基礎代謝も自然と上がりますから、老廃物が溜まりにくい体へと変わっていきます。

二の腕を細くする筋トレは、以下のページで詳しく紹介しています。
自宅で空いた時間にダイエットできる!二の腕を細くする筋トレ法

エステサロンに通ってみる

老廃物を排出するマッサージやエクササイズをやってみたが、継続するのが難しいという方も中にはいるでしょう。それでも二の腕は細くしたいと思っているかもしれませんね。

そんな方はエステサロンに行ってプロの手を借りるのもアリです。エステサロンではリンパマッサージや脂肪やセルライトをほぐす美容マシンを駆使して老廃物を排出してきます。

さらにエステサロンに行くことで自身の意識も変わる方が多いようです。意識が変われば自然と自宅でもマッサージやエクササイズを続けられることもあります。

まとめ

二の腕が痩せにくいのは、普段使わない筋肉があって衰えやすいことと、老廃物がたまりやすい部位であることが大きな要因です。

二の腕を細くするには軽いエクササイズで意識的に筋肉を使うようにしたり、リンパマッサージで老廃物の排出を助けるようにすると、たるみやセルライトが解消されてスリムな二の腕に近づくことができるでしょう。

エクササイズやマッサージが難しいという方は、エステサロンでプロの手を借りるとよいです。