白くてすべすべの二の腕は、女性らしくて魅力的ですが、実際は黒ずみや肌荒れでがさがさして悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで、二の腕の黒ずみや肌トラブルの原因と対策方法について調べてみましたので、ぜひお手入れの参考にしてみてください。

二の腕にできる黒ずみの原因は?

二の腕を含め、皮膚に黒ずみができるのは、表皮細胞がメラニンを放出するためです。肌表面に紫外線や乾燥、摩擦などのダメージを受けると、皮膚の細胞は外部の刺激から体を守るためにメラニンを作り出します。

沈着したメラニンは、肌のターンオーバーによって、時間が経つと古い角質と共に剥がれ落ちるのですが、肌へのダメージが多く、メラニンが作り続けられていると、いつも肌が黒ずんでいるように見えてしまいます。

また、二の腕特有の症状として、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚疾患があります。痛みやかゆみなどは無いので放置していても問題は無いのですが、二の腕の毛穴に固い角栓ができて茶色くブツブツになったり、肌表面ががさがさして見た目が気になる人も多いでしょう。

毛孔性苔癬は、尿素配合クリームで肌を柔らかくしたり、美容皮膚科などでピーリングを受けると改善する人が多いようです。

二の腕の黒ずみを解決する肌ケア

二の腕の黒ずみや肌トラブルを解決するには、基本的には体の他のパーツと同様、保湿を中心としたケアが大切です。しかし特に二の腕で注意しなければならないのが、以下のようなポイントです。

日焼け対策は十分に

顔の日焼け対策はしっかり行っていても、体の他の部分がおろそかになってはいないでしょうか。普段は袖で隠れているからと二の腕の日焼け対策をしないでいると、暑くて上着を脱いだときや、車の運転中などでうっかり日焼けをしてしまうものです。

普段二の腕を出さない人は、少し日焼けをしただけでも、すぐに黒くなってしまうので注意が必要です。もし日焼けしてしまったらすぐに冷やして十分に保湿を行いましょう。

ムダ毛処理後は十分に保湿

ムダ毛処理は、皮膚にダメージを与えて黒ずみを作る大きな要因になっています。ムダ毛を自己処理している人の中には、カミソリで剃っている人が多いと思いますが、二の腕は自分一人では剃りにくいので肌を傷つけてしまっている可能性があります。

カミソリでムダ毛を処理するときは、刃を押し当て過ぎないようにし、処理後は保湿を忘れないようにしましょう。

まとめ

肌の黒ずみを防ぐには、肌にダメージを与える日焼けや乾燥などを避けてメラニンを作らせないことが肝心です。特に二の腕はうっかり日焼けしやすく、ムダ毛処理などでダメージを受ける機会が多いので、保湿を中心にケアして、肌トラブルに備えましょう。