以前は痩せていたのに、いつのまにか二の腕がたるんでしまった、体の他の部分は気にならないのに、二の腕だけ太くて恥ずかしいなど、二の腕は脂肪がつきやすく、痩せにくいので引き締め方法で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

二の腕は様々な要因で太りやすくなっていますので、いくつかの方法を組み合わせて行うと良いでしょう。

二の腕が太くなる要因

二の腕を太くしているのは脂肪だけだと思っている人は多いかもしれませんが、脂肪のほかにも、老廃物や水分によるむくみや、発達した筋肉によって二の腕は太くなっています。

脂肪の中でも、脂肪組織がコラーゲンと結合し、水分を溜め込んで肥大化したセルライトは、通常の脂肪と違って分解・消費されにくいので、除去するためには特別なケアが必要です。

また、過去にスポーツをしていた人は、筋肉だった部分に脂肪が入り込んで、同じ太さのまま筋肉と脂肪が混じった固太りの状態になっているかもしれません。

この場合は、ハードなエクササイズを行うと脂肪は消費されずに筋肉のみが発達して腕が太くなることがありますから、まず脂肪を落としてからエクササイズに取り組むようにしましょう。

二の腕の筋肉を鍛えるエクササイズ

二の腕を引き締めるときにポイントとなるのが上腕三頭筋です。二の腕の後ろ側から側面にかけて伸びる筋肉で、腕を曲げたときに盛り上げる上腕二頭筋と対になって働きます。

上腕二頭筋は、ものを持ち上げるときなど日常生活でよく使われるのですが、上腕三頭筋は使われる機会が少ないので衰えてたるみの原因になってしまいます。

また、二の腕と直接関係が無いように見えますが、肩甲骨の周りの筋肉を意識的に動かすことで血行が促進され、二の腕をバランスよく引き締めることができます。

これらの筋肉を意識的に動かすには、両腕を後ろ手に組み、肘を伸ばしたまま上下する運動が有効ですから、空いた時間に実践してみましょう。

二の腕のリンパマッサージ

二の腕を太くしている要因の一つに、老廃物や水分の蓄積によるむくみがあります。本来は筋肉の動きによって押し流されるものですが、運動不足で筋肉の動きが少ない場合は、リンパマッサージで老廃物をリンパ節に押し流すサポートを行いましょう。

ワキの下にはリンパの集まるリンパ節がありますから、この部分に老廃物を流すイメージでマッサージを行いましょう。

まず片腕を上げて、ワキの下のリンパ節を強めに円を描くようにさすります。次に脈をとるように手首をもう片方の手でつかみ、手首から肘に向かってさすり上げ、その後は肘からワキの下までなで上げます。

最後に親指でワキの下を圧迫し、同じ手順を左右両腕で行います。

まとめ

二の腕を引き締めるエクササイズとマッサージを紹介しましたが、これにプラスしてストレッチを行ったり、セルライトがある場合は、リンパマッサージと共にセルライトローラーによるマッサージを行うとより効果的でしょう。